アラフォーがお金持ちになるためエンジニアになったブログ

お金も根性も学歴もないアラフォーまきのがエンジニアになってお金持ち目指すよ!

侍エンジニア塾 27回目の授業【最終回】

どうも、アラフォーまきのです。
本日、めでたく侍塾を卒業しました!


本当にあっというまだったなー。

卒業!


今日が侍塾最終回。
今日でおしまいです。




今作成中のアプリは、完成を追い求めてしまうともう際限がないため、色々な穴はあるのだけれどとりあえずは…ということで、Herokuにデプロイ…したかった。





デプロイできないんだよ…。エラーが出るんだよ。




出ない方がおかしいので出たって構わないんだけれど、結局自力で回避してあげることができなくて、本日はHerokuデプロイの部分などをメンターさんに見ていただきました。





ただ、当然コードがかなり増えているから、ちょっとやそっと追いかけたところで原因が突き止められるわけもなく、実は今日デプロイ完了まではいたらなかった。





残念でした。




半年終えてみて

まー楽しかった!
こんな面白い世界があったなんてすっかり忘れてた。




高校の時、プログラミングの授業が一番楽しかったはずなのに、いつの間にかそんなことより日々生きることが精一杯で忘れてた。

(今も生きるだけで精一杯)






プログラミングとかシステムとか、とにかくかっこいい感じがして、そこにつま先だけでも片足だけでも突っ込めたのは、本当によかった。





今日、アプリを見せた時にメンターさんから「0から初めて半年でここまで作ったのはすごい!」と本当にたくさん褒めてもらえたのは、とっても嬉しかった。






大人になっても、「頑張ったね!よくやったね!」って褒めてもらうのはこんなに嬉しいんだなあって。






ただ、「だけどあれができていない」「ここも穴がある」と自覚している部分があるから、その部分が補完できていない状態で最終回になってしまったことにものすごく悔いがある。





贅沢な後悔なのかもしれないし、そこにこだわってしまうのは経験の浅さ故かなあとも思う。




よく言うじゃないですか、とにかく完成させろと。
細かい部分は後からいくらでもアプデできるんで、最低限の動作を完成させるのが第一。




なかなかそれができなかった。




侍塾について

侍塾に入らなかったら、今のメンターさんに会えなかったのは間違いないことなので、ここは本当によかったと思う。





だけど、侍塾である必要があったのか?というと、おそらくなかったと思う。






侍塾に支払った金額は753,840円(税込)






この金額にふさわしいだけのことを、侍塾にしてもらったかと言うと正直よくわからない。





侍塾は「32歳まで」ならキャリアサポートを受けることができるそう。





私は「アラフォー」なので利用できないわけで、当然それも了解した上だから何も文句はないし、明確には「利用できない」わけではない。




「相談は」32歳を超えていても受けてくれるそう。
だから、別に利用したければすればよかったんだよね。
でもしなかったのは自分がそう判断したからなので、そこに文句はない。




ここまでやってきた私個人的に思う侍塾とは、「プログラミングスクール」と言うより「メンターとユーザーをコンサルするのみ」という印象。





だから、コンサルの部分を全力で利用するならもっとバリューを見出せたかも…?
といっても、何をどう利用できたのか?は振り返ってもよくわからない。






年齢制限かかるまえだったとして、キャリアサポート以外に何を侍塾にしてもらうことができただろう?





そもそも「何をしてもらえるか」と思っている時点でアレなのかも。「何をさせてもらえるか」という視点が必要だったかな。





いや、そもそも年齢がもっと若かったら、侍塾こなかった。
他のスクールはもっと安いし、当然キャリアサポートもあるし、テキストがあるとか色々な特色があった。




地球には70億人の人間がいて、そのうち日本には1億2千万人がいるらしいけど、その中からこんなすばらしメンターさんつけてもらうことができたって事と、メンターさんのこれまでの経験を分けてもらう事に対して払うお金が含まれていると思えば、もしかしたら妥当な金額だったのかも??
(ポエム味)




当然、自ら探して自らコンタクトを取ると言う「自分の労力」を払えば、もっとお金の部分は安く、もっと財産になる出会いがたくさんあっただろうから、そう考えると妥当かどうかは疑問かもだけど。



今後

さて、このブログの主題でもある「お金持ちになるため」の部分だけれども、言わずもがな激しく残念な状態ですw





プログラミングを始めたのは「お金持ちになるため」だったはずなので、その部分に何らかの答えが見えてこなきゃ意味がないんだよなあ。




ところが、今はお金持ちになることが第一目的でなくなっちゃってます。





「なんか、カッコイイ」

「もっと知りたい」




ここが今一番大きくなってるw





いや、かっこいいほどコードかけないし、仕組みも作れないけれど。





ただ、私はこれから1年の間に753,840円(税込)を用意しなければならないのです。





この金額は侍塾へ払った金額なんだけれど、毎月10万前後のお給料しかもらわず、貯金もない私がこんな金額払えるわけもなく、身内に払ってもらっていたのです。





身内には「1年以内に耳を揃えて返す」と伝えているので、きっちり753,840円(税込)を用意しなければならないです。







「プログラムを書くことで仕事ができればちょろ甘だぜ!」と思っ
ていたお花畑脳の半年前の自分を全力でぶん殴りたい。





これからは、仕事に全力を注がねばならないです。
コーディングの仕事が見つかれば挑戦してみたいし、見つからない間は現職に全力投球しなければ。



余談

マジで大学行く雰囲気になってまいりましたw



仕事をやめることはできないのでおそらく通信課程だけどね。




お金持ちじゃなくて大学生になっちゃうw