アラフォーがお金持ちになるためエンジニア目指すブログ

お金も根性も学歴もないアラフォーまきのがエンジニアになってお金持ち目指すよ!

【道草】ストレングスファインダーを受けてみた

どうも、アラフォー牧野です。
今日は、気分転換程度の軽い気持ちで、ストレングスファインダーを受けてみたのでそのことを。

ストレングスファインダー

適性検査みたいなものですかね?

「11月のお給料明細をお見せする」の最後にちらっと登場した両さんが、YouTubeで紹介されていて初めて知りました。

詳しいことは、私が説明するより両さんの動画をみてもらった方がわかりやすいかと(笑)

なんでそんなの受けたの

自分を知りたかった。それに尽きる。

「自分のことほどよくわからない」なんてのはよく言われますけど、私なんか本当に最たるもので。

今までずっと他人軸で生きてきたから、自分が本当はどうしたいのか、どういうことが得意なのか、どうすると心地よい状態なのかっていうのがあんまりはっきりしなかったんです。

そりゃ、ある程度わかってることもあります。ビールが好き、俺様タイプは苦手、本当は誰かに必要とされたい、など。

でも、せっかく人生一歩踏み出そうと思ってプログラミングも始めたし、このタイミングでストレングスファインダーを知れたのは、多分なんか意味があったんだろうと、そんな風に考えて受けてみることにしました。

受け方

受け方や参考サイトは、両さんが動画で語ってくれているのですが、実際まきのがやった手順をメモっておきますと…

1:参考サイトHeArt lab Japanで手順を確認

私がみたページはこちら
受け方・診断方法 | ストレングスファインダー®とは | ストレングスファインダーで強みを活かす 株式会社ハート・ラボ・ジャパン

ちなみに、まきのは公式サイトから受けました。
HeArt lab Japan内に結構丁寧な手順書がPDFで置かれているし、公式サイトも概ね日本語になっているので問題なく進みました。

あ、スマホアプリからうけらるのはお手軽!と思ったんですが、なんか動作が安定しないらしいレビューが目に入ったのでやめておきました。

改善されてるのかも知れないし、どっちかっていうとアプリの方がお手軽な気がするので、お好みで。

でもどうせ詳細はサイトでみることになるようなので、もう公式サイトからでいいんじゃないでしょうか。


2:TOP5と全34資質

どうせ受けるならと、全34資質みてもらうことにしました。

3:お値段

全34資質だと$49.99とのこと。
テスト終了後ですが、今日は1ドルいくらなのかグーグル先生に聞いてみたところ…

f:id:MmRevorution:20181120204500p:plain

112.47円と。
とりあえず切り上げにしてみて1ドル113円、$49.99は$50だとしたら、
113円×$50=5,650円ですかね。

6,000円でお釣りがきます。

4:ちょっと悩んだユーザー登録

進めていくと、ユーザー登録画面になるんですけど、会社名の入力が必須項目になってるんです。

でも私個人で受けるしなあ…と。

かといって、ブランクのままだと「入力して!」ってエラーメッセージが出ると思ったので、とりあえずスペース1文字入れて進めてみたら、大丈夫でした(笑)

そんなんでよかったのかはわからないですが、なんの問題もなく終わったので大丈夫なんじゃないでしょうか。わかんないけども。

5:お支払い

HeArt lab Japan内の注釈にもあったんですが、JCBは使えないそうです。

まきのは、メインのクレジットカードがAMEX、サブのカードがJCBで、本当はサブで切りたかったんですが、まあ仕方ない。AMEXで決済しました。

6:決済後
HeArt lab Japanでは、この後「アクセスコードの管理をクリック」とあるんですが、私がさっきやった時は以下のような画面に。

f:id:MmRevorution:20181120205121p:plain

なので手っ取り早くテストの開始をクリックしました。

7:ラテンアメリカ

進めていくと「あなたはラテンアメリカですか?」と聞かれます。
前段で「日本」って選択したのになんだ?と思ったんですが、その次に進めたら「差別的な影響を防ぐために…」と言われます。

ああ、なんだそういうことか。

8:また会社名を問われる

途中で会社名とかどんなことやってる会社か、勤続年数はどのくらいかを問われます。

多分アンケート的なものだと思ったので、勤続年数のみお答えして会社名と会社の種類についてはブランクのままにしてみました。

特に問題なく進められました。

9:ぼんやりしてると唐突に始まる

そのまま進めていくと「制限時間なしで受ける必要がある人は連絡してね」というページが出ます。

「ほー」と思いながら「次へ」をクリックすると、いきなり前触れもなくテスト1問目が始まります(笑)

「スタート」みたいな表示があるんだろうと勝手に思い込んで、ちゃんと手順書を読まずに、私みたいにぼんやり適当にすすめるとびっくりするのでご注意を(笑)

10:テストを進めて終わらせる

あとは質問に答えていくだけ。
終わったらすぐに結果が出ます。

テストの内容について

1:変わった質問内容

HeArt lab Japanの手順書に例が1つ出ている通りなんですが、私はちょっと変わった質問の仕方だなと思いました。

文章にするとややこしいので、HeArt lab Japanの手順書を拝借すると↓みたいな感じ。

f:id:MmRevorution:20181120210501p:plain

わかりますかね?

普通、「もっとも当てはまる」「当てはまる」「どちらでもない」「当てはまらない」「全く当てはまらない」って項目じゃないですか。

でも、このテストの質問、(多分)対局にある内容を両サイドに置いて、どっちに近いかを問うてるみたいです。

ただ、私の知識と読解力が若干残念なためか、実際にやってみたテストの問題では、両サイドにある質問が全然関係ない内容みたいに読めるものもあったりして、答える時悩みました(笑)

2:エキサイティングな匂いのする日本語

エキサイト翻訳を思わせる日本語の質問がところどころあって、一言ではない質問は質問が何を聞いているのか、直感的にわからないものがいくつかありました(笑)

あっ、これはもちろん文章読解力や理解力によるし、別に文句をいってるんじゃないですよ?
そういうふうにまきのはうけとっただけ。
エキサイト翻訳懐かしいですね(笑)

テスト結果

まきののTOP5はこんな感じでした。

f:id:MmRevorution:20181120211318p:plain

ちなみに、下5つはこちら

f:id:MmRevorution:20181120211526p:plain

これらの読み取り方について、レポートを3つもらえます。

レポート1

f:id:MmRevorution:20181120212008p:plain

TOP5の資質について、自分の特徴をあげてくれているみたいです。

※ピンクでぐじゃっとされているところは、お名前が出ています。

レポート2

f:id:MmRevorution:20181120212152p:plain

TOP5の資質について、自分が卓越している部分を解説してくれています。

レポート3

f:id:MmRevorution:20181120212328p:plain

全34資質が資質の高い順で書かれています。
これは多分、全部の資質をチェックした場合にもらえるのかな、全34の順番だから。

TOP5だとこのレポートどうなっているのかな。

自分だけの資質を色分けしてみた

レポート3の自分だけの資質順ですが、HeArt lab Japanで資質を4つのグループに分けることができるってのがあったので、私もレポートに色をつけて分けてみました。

資質の4つのグループ | ストレングスファインダー®とは | ストレングスファインダーで強みを活かす 株式会社ハート・ラボ・ジャパン

34の資質全部をみると…

f:id:MmRevorution:20181120213240p:plain

ちょとみづらいですね、すみません;

ピンクが人間関係構築力
が戦略的思考力
黄色が影響力
が実行力

なのだそうです。
比較的上位にあるのはピンク=人間関係構築力で、下方にあるのが青=戦略的思考力とか、緑=影響力ですかね。

黄色=実行力はなんか全体的に散らばってる感じ。

なるほど…。

まとめ

このあと、じっくりレポートを読んでみます。

・私はどういう特性のある人間なのか?
・どういうことが苦手になっているのか?
・どんなことをテーマにするとよさそうか?
・特に力を入れなくていいと思うのはどんなことか?
・もうちょっと伸ばしたいのはどんなことか?

いろいろと自分の今からの道しるべにすることができそうです。

これ、受けて満足して終わっちゃダメなんですよね。
この内容を今後どう生かすのか、これが大事。

いままでは本を読んでも、何かを知っても「へー!」とか「面白かったー!」で終わってたんです。

今回はちゃんとこの内容を活かせるようにじっくり向き合いたいと思います。
(プログラミングの合間に)

もしかすると、人生の節目とか、一定期間ごとに受けてみると、自分の資質が変わったりしてるかもしれないですね、そんなことないのかな?

後日ちょっと受けてみましょう。
そんなに簡単に人間変わる門じゃないから、ある程度時間開けて忘れた頃にでも(笑)