アラフォーがお金持ちになるためエンジニア目指すブログ

お金も根性も学歴もないアラフォーまきのがエンジニアになってお金持ち目指すよ!

侍エンジニア塾のこと

どうも、アラフォーまきのです。

最近、嬉しいことに「侍エンジニア塾調べてたらまきのさんにぶち当たりました」とお声がけくださる方に、ちらほら遭遇するようになりました。

 

そういえば、侍塾のこと何も書いてなかったなーと思ったので、今回は侍塾に体験学習にお邪魔した時のことでも。

 

長くなりますよー(笑)

 

 

 

迫さんとりゅうけんさん

プログラミングについて興味を持って、いろいろ調べていた時にこのお二方の存在を知りました。 

twitter.com

twitter.com

※Twitterさん、埋め込みの方法かわったんですか…。かっこよく埋め込めてない感じがする。ごめんなさい。

 

迫さんといえば、この本で一躍名を馳せた元大学生さん。

これ、デパートのおおきな本屋さんに置かれてて超興味持ったんですけど、まさか大学生の書籍だったとはたまげました(笑)

 

今は大学をお辞めになって、今自分がやりたいことで生きておられます。すごいね!

迫さんといえばもう一つ。これ。

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座

これについてはまたおいおい。今回は侍塾のはなしだもんね。

 話を元に戻しましょう(笑)

 

お二人の侍塾に関する記事をみて「ここしかないなー」と思ったのですね、まきのは。

とりあえず読んでみてください。それが早い(笑)

 

  • 迫さんの記事

2018/10/14追記

侍エンジニア塾が広告の件で問題になっています。私のブログで迫さんの侍エンジニア塾紹介記事を拝借していたのですが、迫さんが削除なさったので私もその部分を削除させていただきました

  • りゅうけんさんの記事

2018/10/14追記

現時点でりゅうけんさんは侍エンジニア塾の記事を削除なさっていないのでそのまま置いてあります。

www.ryukke.com

www.ryukke.com

www.ryukke.com

  

アラフォーまきのとしては、この中から選ぶならもう侍しかなかった=選択肢はなかった。

そんな感じです(笑)

 

比較しない・考えない

これ本当はよくないことなんじゃないかなと思うんですけど、よくわからないじゃないですか新しい業界って。

 

勝手知ったる庭だったとしても知らないことが多いのに、自分の庭から外にでたらわかるわけない。

 

どこも良さそうだしどこもあやしい(笑)

 

だから、「プログラミングのプロが勧めるところに行っておけばいいよね、もう」っていう。

 

ただほら、こういうのってアフィリエイトだとか、紹介料お支払いしますよみたいなのがあるから、いいことばっかりいってんじゃないのーって思いませんか?

私思っちゃうんですよ。邪推の塊か(笑)

 

でも…

 

  • プログラミング超楽しい
  • りゅうけんさんも迫さんもエンジニア(特にフリーランス)が儲かるっていってる
  • 行きたいところ、食べたいもの、欲しいものめっちゃあるのに我慢してる
  • こんな生活から抜け出せるかも…
  • しかも超楽しいプログラミングを仕事にできてお金も倍以上軽く稼げるとか…
  • っていうか、progateとかドットインストールだけでも十分太刀打ちできそうじゃない?

 

とまあこんな思考回路になったのです。

ただ、progateやドットインストールは基礎を教えてくれるけれど、これを仕事にしようと思ったら厳しいねっていう意見多数。

 

ならスクール通うしかないじゃない!という結論。

 

最近のまきのは「引き寄せの法則」とかそんなのにも影響されていて「自分が"これだ!"と思ったものは、自分の魂が"これやで!"って教えてくれてるらしい」という話を信じていたこともあり…

 

  • ともかくプログラミングやりたい!
  • 選択肢は侍しかない!
  • それ以外は面倒だから調べない!プロが言ってんだから大丈夫だろ!
  • 無料だし!タダなんだし!
  • 人見知りするけど、なんかちょっと怖いけど、しんどいけど、グズグズ言うだけじゃ今までと変わらない!

 

というノリで、朝、職場の休憩室でコーヒー飲みながら勢いのまま無料体験レッスンに申し込んだのでした。

 

申し込み

迫さんやりゅうけんさんは「こちらから入塾料無料!」ってのがあるんですけど、まきのはただ自分がどういう感じだったかを書くだけなんで、そういったご紹介ができないです。

2018/10/14追記

先ほど記載した通り、侍エンジニア塾が広告の件で問題になっています。迫さんは削除なさっています。

 

迫さんやりゅうけんさん、他にも侍塾の紹介されてる方たくさんいるので、その中で信用できそうな方のサイトから無料体験申し込むといいかもですね。

 

一応、侍さんのサイトは貼っておきます。すでにアクセス済みだとは思いますが(笑)

www.sejuku.net

 

無料体験の日程をいつにするか、カレンダーから選びます。

まきのは、土曜日の朝にみたら、翌日日曜日の午前中に空きがあったので、「行くしかないべ!」とがんばって無料体験レッスンを即決しました(笑)

 

ちなみに、スカイプでもできるみたいですが、私その時PC持ってなかったし、スカイプもやったことなかったしということで、対面しか選択肢になかったです。

f:id:MmRevorution:20180926181441p:plain

 

メールがすぐくる

すぐに予約確認メールがきます。

そのメールには、予約内容だけじゃなくて侍エンジニア塾の代表さんが書いた電子書籍とかいろんな読み物がくっついてきます(笑)

 

あと、ヒアリングシートもくっついてくるので、アドレスからアクセスしてヒアリングシートを埋めます。

 

その後も何通かメールがきましたよ。

丁寧に、オフィスまでの道のりを案内してくれるメールとか、サービス説明のメールとか。

 

最後に、侍エンジニア塾のキャリアサポート担当さんからメールがきました。

自由と海と平和をこよなく愛する担当さんとのことでした(笑)

 

前日夜から当日

侍エンジニア塾のオフィスは渋谷にあります。

私、渋谷苦手なんです。ギャルとギャル男の巣窟だと思ってるから(笑)

 

でも、「もう行くしかなかんべ」ということで、まずは前日夜に出口・改札・ホームのどこに降りればいいか・そもそもどの辺の車両にのれば迷子になりにくいかとか超調べまくりました(笑)

 

で、当日は精一杯のおしゃれをして出発(笑)

渋谷だしね。めっちゃオサレな若者だらけにちげーねえ。

笑われないようにめっちゃ頑張りました。

 

うごご、渋谷はやっぱりオシャレタウン。

まきのは一応東京生まれ、東京&横浜育ち、東京在住なのですが、

渋谷の場違い感パネエです。居心地悪い(笑)

 

うごご…と思いながらも、道は一本道で迷子にもならず、無事侍塾を発見!

看板がちょっと劣化し始めている感じで、「あれ?これ?これか!」って感でした(笑)

 

ちょっと早めに到着するようにしていたので、道路を挟んで反対側のファミマでお水をかって、時間を調整していざ侍塾へ。

 

超絶イケメンゴリラ

侍さんのオフィスは2Fでした。外階段を上がって到着。

「このドア開けていいの?」って感じのドアでした(笑)

 

開けると、2−3人の若い男性がテーブルに座ってなにかパチパチやってました。

「こんにちはー!」とさわやかに声をかけてくれましたが、特に用件を聞きにはきません。

理由は、入ってすぐに受付用のマシンがあるからです。

 

前日夜に、私は「行ったら受付のお姉さんに"予約したまきのです"っていうでしょ…」と詳細にイメトレしてました(笑)

 

でも、実際には受付はあってもお姉さんはいないし、小さめのモニターがそっと立っているだけ。

「うおー、さすがエンジニア育てる会社だ。最新だなあ」などと感心しつつ、て、それを操作することで来社受付を済ませました。

 

すぐそばに椅子があってそこに座って待っててね的なメッセージがでたので、椅子に座って待つこと18分程。

 

長い!(笑)

 

いや、約束の時間の10分前から受付をお願いしますっていうんで、10分前に受付したんですよまきのは。

 

だから10分ちょいは待つかなと思ったけど、まさかの18分

(あまりに長かったからつい細かく書いちゃうw)

 

約束の時間になっても誰も声をかけて来ず、あとからきたおじさんが先に通され「ちょっとちょっと…」と不安になってました。

 

誰かに声をかけた方がいいか…とモヤモヤしてると、「まきのさんですか?」と。

ようやく担当さんがやってきました。

 

ジャケットにTシャツ、パンツでラフながら清潔感満載。かつ超絶イケメン。

(まきのはイケメン苦手)

しかもぼちぼちマッチョな感じ。

 

「うぉ…自由と海と平和をこよなく愛する超絶イケメンゴリラ…」とまきのはちょっと物怖じ(笑)

 

超絶イケメンゴリラに導かれるまま近くのテーブルへ。

超絶イケメンゴリラはサーバーからお水と持ってきてくれて、ジャケットのポケットからコースターを取り出すとそこに水を置いてくれました。

 

「うぉ…四次元ポケット持った超絶イケメンゴリラ…」と更にまきのは驚きました(笑)

 

レッスンなんてなかった&熱すぎる超絶イケメンゴリラ

結果を先に言うと、レッスンなんて1ミリもしてません。

私は実際にコードを書いたり、何かをやってみるんだろうなって思ってイメトレしてたんです。

 

なのに、実際と言ったらとにかくひたすら「目的」「目標」この部分について語りました。

 

侍塾って、自分のビジョンをしっかり持たないと、つまづいた時に嫌になっちゃうからってことで、かなり目標や目的意識を明確に持つことを重要視してるみたいです。

 

実際、1回目の授業でもロードマップの作成から入ったしね。

 

だとしてもさ、レッスンって、そもそものメンタル部分をはっきりさせようってことだったの?プログラム書いてみるとかそう言うことじゃないの?

 

正直いって、この部分はいまだに腑に落ちないんです。体験レッスンって書いてあるよね?でもコード書くとかプログラミングみたいなこと何もしなかったよ?えぇ…?

 

でももういいの。今の授業超絶楽しいから。

終わったこと言っても仕方ないしね。

 

さて、イケメンゴリラといえば、まるで子供のようにすっごいまっすぐこっちを見てくるんで、本当は心中穏やかじゃなかったんですけど(人見知り&イケメン苦手)、このゴリラすごい営業のプロだなーって感じるんですよね。

 

相手に合わせて話ができる人で、どう話せば相手に響くかを熟知してる感じ。

 

私はコールセンターを運営する会社で10年仕事してるんで、顔の見えない相手とどう対話するか、どう言えば相手が納得するか、どんな材料が必要かを仕事中は常に考えるんで、このゴリラの話し振りや対応力には本当に驚きました。

 

しかも、全然嫌味ったらしくないし、苦労話なんかもしてくれて親近感が持ちやすい話し方をする。

面白いこともたくさんいうし、人見知り&イケメン苦手まきのですが、このゴリラにはしびれました。

どうしたらこんな面白い人になれるんだろう?

 

ゴリラが本当はどんな人かまきのは知らないけれど、信用したい、ついていきたいゴリラだとまきのは確信したので、借金のことや今の生活がしんどいこと、変わりたいことなど赤裸々に語りましたし、ゴリラはしっかり聞いてくれました。

 

相手を突き放す戦法

私は侍でのお世話になる期間を3ヶ月にしようと思ってました。

この画像は侍さんのHPから借りてきたんですけど、まあ学費安くないんですよね。

 

f:id:MmRevorution:20180926191514p:plain

 

それに、まきのはフリーランスで仕事が取れるようになれればいいと思ってたんで、3ヶ月で十分だなと思ってたんです。

 

でもゴリラは6ヶ月の前提のように話を始めたので、3ヶ月お世話になろうと思ってると伝えたんです。

そしたらね。

 

「僕、まきのさんの覚悟わかったつもりです。だからこそ中途半端な状態には絶対にしたくない。

こうやって時間をもらうってのはまきのさんの命をもらってるってことだし、僕らも同様です。しっかり学んでこれからの人生取り返してほしい。

正直、3ヶ月でも大丈夫ではあるんですが、未経験であることやまきのさんの今想定していることを考えると、6ヶ月必要だと思います。

3ヶ月にして後から追加はもちろんできるけど割高になるし、最初から6ヶ月で構えた方がいい」

 

ってゴリラが言うのです。

 

そもそも6ヶ月通ってプロになれたらもちろんそれが一番いい。

まきのだって本気だったもん。

お金の問題抜きで考えたら6ヶ月お世話になりたかったんです。

 

だけどお金が許さないし、これまでなんども挫折してきたから、自分の気持ちが続くかどうか信じることができない。

 

そもそも、3ヶ月でフリーランスになれるレベルになれるから、あの一覧にそう書いてあるったんじゃないの?

 

そんな思いがぐるぐるし、ようやく言えたのが「予算が足りないんです。これ以上は出せないんです。」と。

 

悲しかったー😂

 

でもそしたらゴリラったらこんなこと言うんです。

「だとしたら、仕事をちょっと増やすとか。日雇いでサクッと稼ぐこともできますし。」

 

その通り。本当にやりたいのなら、そのためには人は何でもするもんです。

しかし、ゴリラにしては珍しく直球な言い方だったと思うのですこの部分。

 

こうやって直接的な話をした時のゴリラは、「そこまでしてでもやりたいと思ってる?」とまきのを試すようでした。

 

正直仕事をこれ以上増やしたらまた当欠しだす。

やりたいことはやりたいし本気。

でも仕事をこれ以上増やすと自分の時間が持てなくて自分が保てなくなる。

 

日雇い?そんな面倒な…。

でもそれをいったらゴリラに「所詮その程度の気持ちか」と見られてしまう。

 

するとゴリラが駄目押し。

 

「もし6ヶ月でできないようなら、準備をしてからちゃんと6ヶ月しっかりやってもらった方が僕はいいと思う」

 

と。

 

これ、ほんとゴリラに申し訳ない言い方なんだけれども、「突き放し戦法」だしてきたな…って思ったんですまきのは。

 

これ相手次第だけどかなり影響される人いると思うんですよね。

ここまで親身になって聞いてくれた。同意もしてくれた。共感もしてくれた。

そんな「貴重な相手」を失うかもしれないと言う恐怖を、相手に持たせます。

 

そして揺さぶられた側は、自分のプライドなどを守るため、相手を手放さないために何とかしようとするか、逆ギレして2度と近寄らないかどっちかじゃないでしょうか。

 

私は見事に前者でした。

まず、ゴリラの突き放し戦法で揺さぶられたのはもちろんだけれど、確かに本当の希望は6ヶ月しっかり勉強することだった。

 

それにここまで話してきた中でゴリラへの信頼度はかなり高かった。

個人的に営業のプロに踊らされるのは癪だと思いながらも、共感してくれたりうまい話し方で確かにゴリラに心を掴まれてた。

 

そういえば最近引き寄せの法則で「本当にやりたいと思うならやればいい」ってあった。だから私はここにきたし、多分今始めなかったらもうエンジニアになるのはかなり厳しい。現状でさえ、スクールによっちゃ入ることすら厳しいのに。

 

まきのは覚悟し、「何とかします。かんがえます。」と答え、その日の体験レッスンと言う名の打ち合わせは終了したのでした。

 

後日

いろいろ紆余曲折はあったものの、6ヶ月でお世話になることにして契約も無事成立。

あ、契約書どうやってかわすのかなと思ったら、なんとクラウド上で管理してんですよ!すごくないですか!

 

直筆のサインや実際の捺印も不要で、通常サインや印鑑をする場所に名前を打ち込むだけ。

すごー!!

 

あ、それと入塾費は一体どうしたのかについては、また後日詳しく記事をあげますね。

 

いやー、最後の最後にゴリラったらもう本当に痺れる一言をくれちゃったもんで、一生ついていきたいレベルで惚れ込んでます。

 

営業マンとしてのリップサービスだったのかもしれない。

ゴリラという人物がただ純粋にそう言えただけかもしれない。

 

それでも相当いい担当さんに巡り会えたと思います。

突き放し戦法も本心からだったのかもしれないし、そこはもはや受け取る人の印象次第なので、まきのはゴリラ=最高ってことで、余計な邪推を持たないことにしました。

 

ゴリラが言ったことは、ゴリラの本心。

そういうことにしておくのが、まきのが一番幸せな気持ちになるから。

 

いや、でも本当に、リップサービスだとしてもそんなこと言える人いないと思うよってことさらっといいやがるんですよ、ゴリラ。

こんな人いるんだなーってもうため息ものでしたね。まじで。

こういう人になりたいよ私も。

 

さて、途中にあった通り「約束の時間になっても担当が迎えに来なくてちょっぴり放置された」「体験レッスンのはずが1ミリもレッスンらしいことしなかった」という不満はありました。

 

でも、そんなことどーーーーーーーーーーーーでもよくなるくらい、キャリアサポートのゴリラは最高の人物だったし、授業を担当してくれるメンターさんも超絶最高だし、実際の授業もめっちゃ楽しいし、ちゃんとわかるように説明してくれるし、メンターさに質問したらすぐに答えがかえってくるし、現時点ではサービス内容に嘘偽りが無いと思います。

 

お世辞もなにも抜きで、侍エンジニア塾にしてよかったと心底思ってます。

まじで。

 

私の場合他のスクールは完全に対象外(私が)だったから、比較が全然できないのでその部分ではお役に立てないと思いますが、侍塾の事で考え中の方にミジンコ程度でもお役に立てたらいいなあ。

 

あっ、もし他にも侍塾でお勉強中の方いたら、ぜひ仲良くしたってください!

 

なかなか端的にまとまらずすみません。

長い記事読破おめでとうございます(笑)お疲れ様でした!