アラフォーがお金持ちになるためエンジニア目指すブログ

お金も根性も学歴もないアラフォーまきのがエンジニアになってお金持ち目指すよ!

まきのと借金のはなし

どうも、「エンジニアになってお金持ちになる!」と目論むまきのです。

今日は、お金持ちになりたいと思う原因のひとつをお話しします。

当然お金に困っているからですが、この困り方が本当に残念なまきのなのでした。

 

 

まきの、初めての借金

実はまきのはバツイチです。19歳で結婚し、22歳くらいで離婚しました。

 (この時の元夫がそれはひどい人だったんですがそれはまた別の機会にでも。)

 

後で知ったんですが、元旦那はすでにブラックだったので自分でカードが持てなくなっていたんです。

そうとは知らず「大人として1枚は」と口車に乗せられクレジットカードを作り、旦那と私で使っていました。

 

離婚後、当然旦那が使った分含め私が背負うことに。

 

カード払いって、たとえ一括で切ってても借金ですよね。

厳密には違うのかもしれないけれど。

 

今のご時世カードなしではできない事も多いし、カードで買い物するなんて普通。

違和感も罪悪感も感じることはないから、借金してるって感覚がないんですよね。

 

離婚後も、まきのは「見せればなんでも買える魔法のカード」と誤解したまま買い物をし、請求は最低限になるようリボ払いにしてジリ貧生活をしていました。

 

f:id:MmRevorution:20180907131442j:plain 

デブは愛されないという恐怖で更に借金

当時のまきのは155cm 56kgで健康優良児体型(不健康・20代前半)でした。

この頃のまきのには、世の中の幸せな女性はみんな痩せて綺麗な人ばっかりに映っていました。

 

子供の頃の両親の離婚の影響が強かったのか、無自覚に「とにかく誰かに愛して欲しい」と切望していたまきのは、世間の幸せな女性がみんな痩せて見えたことから、痩せなければ幸せになれない、誰にも愛してもらえないと病的に思い込みます。

 

過食嘔吐、無理なカロリー制限。ありがちなダイエットは大概試しましたが、当然結果に出るわけもなく。

 

 そしてついに、脂肪吸引手術を受けることにしたのです。

完全に思考回路が壊れていて正常な判断はできなくなっていました。

 

このローンがよく通ったなあと今は思いますが、結果的に120〜130万ほどの借金を背負いました。

 

カードの支払いも残っていたので、この時点でおそらく150万〜は借金があったんじゃないでしょうか。

 

ちなみに、脂肪吸引のこともまた後日記事にしますが、結果的に無駄でした(笑)

 

ついにやってきたアイツ

当時かなり精神面が崩れていて仕事も休みがちだったまきの。

 

当然支払いが滞り、督促状なんかもいただく始末。

「カードの限度額そろそろいっぱいだ…。買えるかな…。」とハラハラしながらコンビニでカード切って食べ物や飲み物を買う日々。

 

コンビニで食べ物買っても千円前後なのに、それにすらドキドキする。

そんなひどい生活ぶりでした。

 

そんなある日、ついに簡易裁判所から招待状が!!

神妙な面持ちで裁判所に行き、今後のお支払いについてお約束。

自己破産まではしなかったけれど、晴れてブラックリスト入りしたまきのなのでした。

f:id:MmRevorution:20180907115750p:plain

 

※「延滞しても、裁判所に呼ばれていないならブラック入りしない」という事ではありませんので誤解なきよう…。

 

パートナーとの出会い

今のパートナーとは10数年の付き合いです。

付き合い始めのころの私は、前述通りの状況。

でも仕事もままならずしんどい思いをしていました。

 

ただ、正直にいうとそこまで生活が大きく変わったりはしていませんでした。

どうして変わっていなかったのか。それは生活保護を受けていたから。

 

…だったと思うんですが、実はこの少し前あたりからうつ病になっていました。

薬の影響か自分の心の問題か、結婚してからこの辺りまでの記憶が非常に曖昧ではっきりしないです。

 

ともあれ、結果を先に言うと、パートナーには通院していることや生保にお世話になっていること、借金のことがバレるのですが、彼は通院にも付き添ってくれたり、借金を肩代わりして一括返済してくれるなど、今までの人たちとはかなり違う突飛とも言える行動を取ってくれました。

 

おかげで少しずつ社会復帰し、生保も抜け、人として生き始めたまきの。

もうカードは作るまいと決めました。

 

アレが聴きたかった

まきのはゲーム大好きです。高校の時は音ゲーにハマったりしていて、ビーマニも専コン買っておうちでパチパチやったりしていました。

 

たまにふと思い出してはお気に入りの曲を聴きたいなとプレイしてみたり。

 

でも、プレイせず音楽だけ聴きたい時、どうにもできなかった。

CDを借りて録音しようにも、当時はスマホ以外のデバイスは持っておらず。

その時はアンドロイドだったんですが、アンドロイドアプリなどでは聞きたかったビーマニの音源がなかった。

 

動画ではリピート再生などがはかどらず、やっぱり音源が欲しいなーと思っていた矢先に、iTunesに音源があるのを発見!

 

ってことはiPhoneじゃないと…。

しかしiPhoneはクレカがないと作れない…。

でも、聴きたい!

 

なんとまきのは、高校の時にハマったビーマニのお気に入りミュージックを聴きたいがために、「カードは作るまい」という誓いをやすやすと破るのでした。

 

しかも、ブラックリストから名前が消えた後だったようで、カードの審査通っちゃったんです。

2012年の初夏、ついにiPhone5を手に入れたまきの。

あれだけのことがありながら、まきのは懲りていなかった…。

 

現在

今年の2月ごろまで、「欲しい」を我慢できずどんどんカードを使うという生活が変わっていませんでした。

 

最初は限度額10万で作ったカードも、どんどん限度額が引き上げられて、最終的には135万まで上限が上がりました。

 

おかげで、カードの支払い残高=借金は80万近くに。

 

これは、パートナーが私の借金を肩代わりしてくれた事で、私自身が借金を返済しきるという経験をせず逃げおおせてしまったから、ちゃんとその出来事を学びきれなかったんだと最近気がつきました。

 

肩代わりしてくれたパートナーのせいでも、限度額を引き上げたカード会社のせいでもなく、自分の欲をコントロールできない自分に気づきながら、変えようと動かなかった自分が原因。

 

せっかくパートナーが私を苦しみから救ってくれたのに、踏みにじっていることにも全く気がついていなかった。

 

そのあたり自分と向き合えるようになってきたのは、先日の記事で記載した水紀華さんのおかげなんです。

この記事ではさらっと華さんについて書いてますが、また改めて記事にします。

 

www.arafo-enjineer.net

 

 とにかくパートナーを全力で裏切り続けて来たまきの。

 

嘘や裏切りはいつかバレます。

ただ幸いなことに、借金自体は返済すれば0になるので、完済した事実とともに真摯に詫びることができれば、人としてまだマシになれます。

(パートナーに許されるかどうかは別の話)

 

まとめ

まきのの残念さ、伝わったでしょうか。

書いていて自分で情けなくなってきます・・・(´・ω・`)

 

今はとにかく借金を完済すること。

そしてそれは少しでも早く達成すること。

これが私のミッションです。

達成することが結果的にパートナーをこれ以上裏切らないと言うことにつながる。

私自身、やりたいことも欲しいものもたくさんありますしね!

  

今回、自分が本当に変わろうとしたからこそ、自然と自分にふさわしいであろう情報(エンジニアが今熱い!)が入ってきたのかもなーと思いました。

 

さて、いざエンジニアになるためにスクールへお世話になることにしましたが、それにあたってもお金のことで当然一悶着あったので、これはまた別の記事にしましょう。

流石にこれだけドクズ情報が目に入るとお疲れになったと思います。

 

コーヒー・紅茶・ココアでものんで「こんなアホな奴もおるんやな…」程度にお納めください(笑)

 

長々お疲れ様でした!