アラフォーがお金持ちになるためエンジニア目指すブログ

お金も根性も学歴もないアラフォーまきのがエンジニアになってお金持ち目指すよ!

石と一人の大学生から始まるエンジニア

どうも。アラフォーまきのです。

手始めにアラフォーながらエンジニアをめざすことにしたきっかけを。 

 

発端は1つの石と1人の女子大生だった…! 

壮大な物語です(笑)

 

 

 

忍び寄る悪魔

 

忘れもしない16年9月26日(日)

パートナーとプロレス観戦中のまきの。

そこへ悪魔が襲いかかる…!

 

  

f:id:MmRevorution:20180903221523p:plain

 

 

「あれ、左の腰がいたいかも。腰痛かな?」と思ったのもつかの間、あっというまに観戦してる場合じゃない痛みになり、試合開始30分で会場をあとに。

 

会場を出た時には歩くのもやっと。

とまらない脂汗。

体験したことないような激痛。

 

明らかにヤバい。

なんかおきてる。 

でも痛みで何も考えられない。

 

結局まきのはその後大学病院へ運ばれ、思いもよらない診断を受けることになる。

 

 

奴の名は。

 

大学病院のベッドで激痛にのたうち、痛い痛いと喚き、吐きまくり…

 

そんな中ついにくだった診断。

 

 

奴の名は…

 

 

 

 

「尿管結石」

 

 

おっさんか!

※おっさんじゃなくてもかかります

 

 

 

 

あまりの激痛に、看護師さんに座薬を入れてもらうまきの、35歳の初秋。

 

 

f:id:MmRevorution:20180903230050p:plain

 

 

 

そんないろんな意味で地獄の1日を体験したまきのは決意する。

「健康になろう」と。

 

ツイッターでの衝撃の出会い①

結石から脱却するために健康について調べまくるまきのは、なぜかツイッターの「美容垢」「ダイエット垢」へ繋がり、そこで衝撃の人物に出会う。

 

水紀 華(みずき はな)さん。


twitter.com

twitter.com

twitter.com

 

夢を達成させるため実家を頼らず一人暮らし。

ろうそくで明かりを灯すような生活も経験。

そんな中、時には涙をこぼしながらも勉強とアルバイトをこなし、ついには大学生ながら20歳でサロン「陽氣華」を開業。

半年後には会社を設立。

 

ここまででもすごいのに、今では文字を書くだけで月500万、月商はなんと8桁稼いじゃう。

 

当然小手先レベルの知識ではない。

中医学・東洋医学をベースに多様な知識に精通し、体質改善に挑む。

 

加えて起業コンサル・起業塾まで展開。

展開中の事業はざっと数えても8つか9つはある。

多分それ以上あるんじゃないか。

 

note.mu

 

展開しているチャネルも多い。

  • アメブロ
  • ツイッター
  • note
  • ワオミー!
  • インスタ
  • REQU
  • タイムバンク

…などなど。

 

まきのが華さんを知ったのは16年冬ごろ。

当時ここまでの事業規模ではなかったけれど、確固として確立された「なにか」を感じて華さんの発信する情報を受け取り続けた。

 

華さんの事業はどんどん拡大していき、それに伴い私生活も充実していく様子が届くように。

華さんはパートナー(超絶ベストパートナー)に恵まれ、大学2年生ながら婚約なさったそう。

 

事業がうまくいっても私生活はそうでもない事業主はよく見かけるけれども、華さんは違った。

 

仕事だけでなく、私生活も充実しているその様子から、華さんが発信する情報に対して信頼がどんどん高まり、華さんの発信する情報は毎日の楽しみになっていった。

 

いつしか憧れの存在となった華さん。

私も華さんのように自分軸を大事にいきたいと思うようになっていった。

 そして、次第にまきのの人生が変わっていった。

 

※2018/09/07追記

ワオミー!は18年12月でサービス終了になるそう。

華さんはチャネリングでそのことを知り、ワオミー!がサービス終了をアナウンスするより前にREQUを始めたんだそう。すごすぎる。

 

スタートラインへ立ったまきの

華さんと出会い、次第にいろんな情報に触れるようになってこんなことをやり始めた。

今はもうやっていないものがほとんどだけれど、以下は実際にやったこと。

 

  • 引き寄せの法則に従い、「ほしい」ではなく「ある」と捉える。
  • 嫌だったことを書き出してなんで嫌だと思ったのか掘り下げる。
  • ありがとうノートを書いてみる。
  • 月末には三十日詣でに、旧暦一日には朔参りに神社へ行く。
  • ウィッシュリストを書いてみる。
  • 旧暦朔=新月の日にはアファメーションに取り組む。
  • 掃除する。
  • 腹がたつことがあっても「少しでも幸せになれるといいね」と心の中で唱える。
  • 斎藤一人さんの本にある言霊を実践する。
  • 1日15回願い事を書く。
  • 1日1度お味噌汁を作って飲む。
  • 調味料だけでも本物を使う。

…などなど。

 

胡散臭そうなものもあるけど、「それで変わるならいいじゃん」と、とりあえずやってみた感じ。

どうでもいいなと思ったものはいつのまにかやらなくなっていた。

 

それでも、他者に対する行動が明らかに変わったし、心持ちが変わったし、変化は確実に起きていた。

でも、ジリ貧であることに変わりない毎日だった。

 

ツイッターでの衝撃の出会い②

 

仕事は嫌いじゃないけれど週5フルタイムはかなり辛い。

仕事に行きたくなくてズル休みも頻繁だった。

 

そこで会社に頼んで、週4日・夕方までに勤務を変更。

これが昨年17年秋頃のこと。

 

しかし時給で生きるまきの。

こうなると月収手取りで10万程度。

 

f:id:MmRevorution:20180905130918p:plain

 

そんなジリ貧な日々を過ごすまきの、今年の夏のこと。

華さんがリツイートしたつぶやきから、またしても衝撃的な人物とコミュニティを知る。

 

twitter.com

 

どんなつぶやきだったのかは全く覚えていないけれど、りゅうけんさんはオンラインサロンを主宰されていて、内容がまず衝撃的だった。

 

オンラインサロンは数あれど、1,980円って。

しかも、私の月収10万など1時間で稼ぐような、年収でいったら何千万〜億稼ぐ人たちと情報交流できるサロン。

 

さらに、フリーエンジニアになれば月収倍以上はかたいという情報。

私なんか10万だから4倍5倍は余裕で狙える。

 

他にもアフィリエイト、物販、仮想通貨などいろいろな種類で稼ぐ方法を提案してくれている。

これ、私参加しないとだめなやつじゃない?そう直感。

実際参加までには紆余曲折あったんでそれはまた後日書くとして、最終的には参加することに。

 

ryukke.com

 

走り出したまきの

 りゅうけんさんを知ったのは今年18年の7月中頃。

サロン参加は8月中頃とひと月先になったんだけども、その間とりあえずプログラミング触ってみようといろいろ調べて、プログラミング言語:pythonに遭遇。

さらにprogateに出会い、実際にコードを勉強してみた。

 

f:id:MmRevorution:20180905131855p:plain

 

おぉ!いけそうな気がする!

いやめっちゃたのしくない?プログラミングって。

なんで高校の時プログラミングやったのにいままでやってこなかったんだ!

これはいける!

 

 

…と根拠のない自信を持ったまきの。

 

ついに、エンジニアになるため本格的にプログラミングを勉強することを決意したのであった。

 

 現在

侍エンジニア塾に入塾。8/31初回授業だった。

教科書をいただき、昨日その教科書が1週おわったのでそれを参考に実践中。

 

習得するのは以下の項目。

  • HTML/CSS
  • Ruby

  • Ruby on Rails

  • コマンドライン

  • SQL

 

授業開始までの間にprogateで以下をやってあった。

  1. python(2週)
  2. Ruby(2週)
  3. Ruby on Rails(THML/CSSを知らなかったのでわからず途中まで)
  4. HTML/CSS(1週)
  5. JavaScript(1週)

 

まとめ

日頃の不摂生がたたり、結石を患ったことから大学生起業家の女子大生を知り、始まったまきのの新しい道。

何がきっかけになるかわからない(笑)

 

いまあなたに起きているその嫌なこと・辛いことは、もしかしたらこれから先に待っている明るい未来への扉かも!

 

ただ受け身になって「辛いよーしんどいよー」と言っているだけでは何も変わらないけれど、まきのもそう大したことしてないの、わかります?

 

石があんまりにも辛くて健康になろうといろいろ調べただけ。

 

そうしたらツイッターにたどり着いて、華さんにたどり着いて、りゅうけんさんにたどり着いて、プログラミングとエンジニアにたどり着いただけ。

 

ただ調べただけです(笑)

 

知識は持っている人たちがどんどん流してくれています。

だからこっちはまずは調べるだけでいいんです。

気に入ればやってみればいい。

 

これからいい報告がたくさんできるよう、まきのがんばります!

長文にお付き合いくださりありがとうございました。

お疲れ様でした!